バラを核に拡がる交流!

5月25日から6月3日まで10日間、バラ庭を一般開放しました。
約1,400人が訪れ、過疎の山里が活気づきました。
また、6月12日には長門市老人クラブの視察がありました。
バラ庭「里山ローズ」を核に、ド田舎の交流人口が拡大しています。

オープンガーデン来場者は1日平均140人!

オープンガーデンが終わってホッとしました。
3年目になり、多少知れ渡ったのか、
バラを目指して多くの人が訪れました。
40年以上交流のない学生時代の友人も訪ねてきました。
「君は良い趣味を持った」と褒められたのですが、
実は、過疎地を活性化させ、ビジネスに繋げたいと考えているのです。
いつまでも夢を追いかけています!?

初めての視察受け入れ!

長門市老人クラブ連合会女性委員27名の研修視察をお受けしました。
視察受け入れは初めての取り組みです。
バラはピークを過ぎていますが、
アジサイが色づき始め、ブルーベリーなどが実をつけている初夏の「里山ローズ」を楽しんでもらうため、
皆さんが歩きやすいよう、しっかり草刈りをしてお迎えしました。

スポンサー広告