ベーサルシュートの保護手入れ!

梅雨に入って今年は晴れ間がのぞきます。
日中、30℃を超える日もあります。
バラに次々ベーサルシュートが発生し、
大きく生長しました。

シュートが豊作!

シュートは品種や年によって発生に豊凶の差があるようです。
今年は豊作です。
ピンク・シフォンは根元から沢山でました。
「シフォン半端ないって」

シュートの保護対策!

「里山ローズ」ではバラを大きく育てるため、
シュートはできるだけ伸ばすようにしています。
基本は自然に任せて放置していますが、
風や雨で根元から折れそうなものは、シュロ縄を使って保護しています。
長く1本出たものは八の字括りにします。
群生したものはひとまとめにして縛ります。
風でシュートが揺れ動くよう遊びをつけ、強く縛らないようにしています。

猿がシュートを摘んだ、折った!

猿の親子が近くに棲んでいます。
知らぬ間にシュートの先を摘んだり、根元から折ったりしました。
被害はモリナールと羽衣です。
このバラが気に入ったのでしょうか。摘んで遊んでいるようです。
摘んだのは再生するので「良し」としますが、
根元から折ったのは頭にきました。
尻をおもいっきりひっぱたいてやりたい気分です。

スポンサー広告