馬鹿の高登りはバラのため!

バラが大きく育ち、庭木に登りつきました。
バラを生かすには枝切りは避けられません。
梯子を使って高い木に登り、枝を切り落とすことにしました。
妻は「馬鹿なことはせんと、そのままにしとき」と叱りますが、
思い立ったら止められません。

枝打ちで「すっきり」!

スギは植えて30年経っています。
一本の木から数本の幹を育てる台杉仕立です。
「モリナール」がスギに寄り添ってきたので、
思いきってスギの枝を切り落としました。
今年は、「モリナール」がスギを飾ると思います。

大木の枝払いは恐る恐る!

「ポールズヒマラヤン」がスモモの大木に登りつきました。
ツル性で棘がひどく枝に絡まっているので、誘引はできません。
バラのため、スモモの枝を切り落とすのみです。
高いので“冷や冷や”“どきどき”恐る恐る作業しました。
近くの山には、猿が沢山います。
笑って見ていたのでは!

バラもウメも大きく育て!

「モッコウバラ」がウメの木いっぱいになりました。
ウメも生長旺盛です。
剪定のため、木に登りましたが、
枝が多く身動きがとれません。
大きく伸びたウメの枝を少しずつ剪定し、バラを誘引しました。

スポンサー広告