「里山ローズ」オープンガーデン無事終了!

5月25日から31日までの7日間、
秘密の花園「里山ローズ」を一般開放しました。
「里山ローズ」は木屋川の源流にあります。
道は狭く、アクセスが悪い山奥ですが、
森林や田畑に囲まれ里山の原風景が残っている自然豊かなところです。
ここは少し寒いので、この時期がバラの見頃です。
県外の方や地元の方がたくさん見学に訪れ、
バラ庭を楽しんでいただきました。
オープンガーデン7日間、過ぎてしまえば一瞬。

バラの支柱は流木ではありません

見学者はバラの支柱に興味を持たれます。
「流木ですか」と聞かれますが、流木ではなく、
里山にあるクリの枯木です。
「里山ローズ」では、里山の原風景に合うよう、
クリの枯木を支柱やオベリスク、トンネルなどとして使っています。

必要最小限の薬剤散布

今年のバラは、大変綺麗に咲いています。
そのため、たくさんの方から農薬の使用について尋ねられました。
当初、バラは無農薬で管理していましたが、
バラゾウムシの被害などでうまくいきませんでした。
綺麗なバラを育てるには、必要最小限の農薬使用は避けられません。
「里山ローズ」では、今年の春、3回程度農薬を散布しました。
・1回目は新芽が2㎝程度伸びた時(雨で流れたので1週間後再度実施)。
・2回目は10㎝程度伸びた時。
・最後は5月の連休後半頃。
・殺虫剤と殺菌剤を混合で散布しました。
里山の生態系に配慮し、農薬はなるべく使わないようにしています。

スポンサー広告