バラの新芽が展開、芽吹きも様々!

4月中旬、「里山ローズ」のバラが順調に芽吹きました。
新芽は大きいもの、小さいもの、長く伸びたもの、これから伸びるもの、
黄緑色、深緑色、赤色、紫がかった色など様々です。
みんな違いますが、みんな甲乙つけがたい立派な芽吹きです。
地元の詩人「金子みすゞ」の『私と小鳥と鈴と』が脳裏に浮かびました。

私が両手をひろげても、お空はちっとも飛べないが、
飛べる小鳥は私のやうに、地面(じべた)を速くは走れない。
私がからだをゆすっても、きれいな音は出ないけど、
あの鳴る鈴は私のやうに、たくさんな唄は知らないよ。
鈴と、小鳥と、それから私、みんなちがって、みんないい。

バラも、この詩の心で観賞すれば、
個々のバラが持つ真の良さが発見できると思います。

森の中のバラの新芽は淡い色

「里山ローズ」の、森に植えたバラは直射日光が余りあたりません。
それでも新芽はしっかり伸びています。
新芽の色は様々ですが、日照時間が少ないせいか、
透きとおったような淡い色の新芽が目立ちます。

鮮やかな新芽は光の力

農地や庭に植えたバラは太陽の光を沢山浴びます。
新芽は緑、赤、青紫など鮮やかで派手な色をしています。
この鮮やかな色、それぞれのバラが持つ特性もありますが、
太陽の光が大きく影響していると思います。
新芽の鮮やかな色に、立派な花を咲かせる力強さを感じます。

スポンサー広告

1 個のコメント

  • こちらでははじめましてです。エビちゃんです(笑)
    昨年は我が家の愛猫ポンちゃんが急な心臓発作で亡くなり、残念ながら伺えませんでした。
    オープンガーデンに行けるのを今年こそはと楽しみにしていますのでよろしくお願いします。
    毎年充実していく里山ガーデン、素晴らしいです✨
    素敵なお庭とブログをありがとうございます

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です