バラの施肥終了!

ブログランキング&インスタグラム♪

薔薇好きのすべての方へ

2020年の里山ローズオープンガーデンの一般公開は行いません。今、世界中がコロナウイルスの問題と戦い続けています。薔薇好きのすべての方へお伝えしたいのは、2021年にもう一度大きな花を咲かせたい。そして、その時また皆様に元気な薔薇をお見せできるようにどりょくいたします。

バラの施肥を2月7日から開始し、10日に終了しました。
妻と二人の人力作業で4日間かかりました。
肥料はバラ専門肥料とヨウリン、鶏糞など。
基本は穴掘り施肥がですが、作業省力化のため、今年から肥料の地表撒布を試みました。

基本は穴掘り施肥!

施肥は穴掘りし、地中への投入を基本としています。
作業はバラの周囲に3か所程度穴を掘り、肥料を投入し、土を戻します。
大きいバラはシャベルで穴掘り、小さいバラは杭で穴開けします。
穴掘りで傷ついたバラの根はハサミでカットします。
私が先行して穴を掘り、そのあと妻が肥料を投入します。
数が多いので大変な作業です。

地表施肥で作業の省力化!

穴掘りは重労働。施肥作業の省力化は不可欠です。
今年は穴掘りしない方法を試みました。
バラの根は地下に四方八方張っているので、
バラの周辺をドーナツ状に草刈りし、そこに肥料を撒布し、
雑草防止のための木竹チップをマルチングしました。
理論的には効果があるはず。春の花で検証します。

スポンサー広告