バラ庭に『デビルスタワー』出現!

秘密の花園「里山ローズ」には、森に守られたバラ庭があります。
庭の周囲は、針葉樹のスギ、ヒノキ、モミなどや
広葉樹のミズキ、コナラ、シイなどが育っています。
樹齢70年を超えるものもあります。
庭が暗くならないよう、抜き切りや枝落としなどの森林作業を行いながら、
バラを育てています。

デビルスタワーの正体は切り株

伐採したスギの伐り株に困っていましたが、
十数年経て、やっと腐りました。
まるでデビルスタワーのようです。
面白いので、バラ庭の彩りとして残しています。

バラの支柱に台杉を使用

台杉は京都北山の林業技術です。
1本のスギの木から数本の柱を生産できます。
これを真似て、植林したスギを台杉仕立てにしてみました。
趣味の林業で、当面、収穫する予定もないので、
とりあえずバラの支柱代わりにしてみました。
日陰にならないよう強度の枝打ちをし、
バラが台杉に巻きつきやすくしました。
綺麗に咲いたバラとスギのコラボが楽しみです。

大木の枝落としは命がけ

バラを育てるため、日陰となるミズキの枝を伐り落としました。
高い木に登っての作業ですから、安全第一です。
怪我をしないよう十分注意し、小さな枝から少しずつ切り落としました。
妻は「危ないことは止めとき」と心配しますが、
所詮、自分がやらなきゃ、やる人はいません。だから自分を信じてやるのです。

スポンサー広告