ベーサルシュート大発生!

今年はシュートが沢山でました。
サイドシュートは毎年のことですが、
ベーサルシュートの発生が特に目立ちます。
昨年出なかった古い木にも発生しました。
気象の関係か、施肥の関係か、
それともバラの生理的なものか、
原因はわかりませんが、古いバラの活力回復に喜んでいます。

驚きのベーサルシュート

「ルージュピエール」のベーサルシュート、
長さ2.5m、直径15㎜になりました。
施肥管理は他のバラと同じですが、この大きさには驚きました。
来年、どんな花が咲くか楽しみです。

古い「ピエール・ドゥ・ロンサール」にベーサルシュート発生!

7年以上経つ古いピエール、幹はゴツゴツしています。
昨年、根元付近にシュートは出ませんでしたが、
今年は、遅ればせながら、数本発生しました。
このバラの活力回復に期待しています。

シュートの保護はバラへの愛情

たくさん出たベーサルシュート、そのままにしておくと、
風雨で根元から折れたり、曲がったりします。
バラは声を出しませんので、シュートの保護を忘れがちですが、
発生したシュートがすくすく育つよう、シュロ縄で周辺をガードしました。
バラも人と同じように愛情を持って育てないと、立派に育ちません。

スポンサー広告