里山ローズのバラづくりは省資本主義

里山にある資源を活用したバラづくり

昔、わが家は山を伐り開いてクリを栽培していましたが、高度経済成長で農業環境が激変し、約30年前に収穫をやめました。クリは枯れ、クリ園は山に戻りましたが、クリの木は白骨状態で、芯材が残りました。「バラづくり」はお金がかかります。経費削減で、バラの支柱にクリの芯材を活用しました。クリの支柱は、里山の強い風からバラを支えてくれます。柱、塔、手すり等にして使いました。

IMG_8321

 

スギ、ヒノキ間伐材を活用

里山ローズの周辺は森林と農地。森林は充実しています。樹齢70年生以上のスギや雑木が育っています。スギを間伐して、間伐材をバラづくりに使いました。土を盛り、バラを植え、花壇の縁にしました。また、焼きスギにしてバラのトンネルを作ってみました。スギの伐採、玉切り、搬出等を自分で行います。森林資源を活用したバラづくり資材にお金はかかりません。

IMG_8340 IMG_7392

スポンサー広告