置かれた場所で咲いてくれ!

自然界は大変厳しい。
「里山ローズ」のバラ達も、
決して条件のいいところで咲いているわけではありません。
岩のように硬い所もあれば、ジメジメした湿地のような所もあります。
害虫もいます。雑草も茂ります。
風害や干害などの危険にも常にさらされています。
それでも文句を言わず、置かれた場所で咲いてくれます。
私もブツブツ文句を言わず、現状に感謝し精進したいと思います。

竹チップのマルチングは効果的!

以前、バラの根元を竹チップでマルチングしました。
チップは固まって、雑草の侵入を抑え、有効でした。
酵母菌か何かの菌が、その効果を手助けしているようです。
一生懸命咲くバラのためにと思い、
今年も竹チップをつくってマルチングしました。

バラを害虫から守る!

「里山ローズ」は山奥の自然の中にありますから、害虫が沢山います。
昨日、妻がバラゾウムシを見つけました。
なるべく農薬は使わないようにしていますが、
春先は放っておくとバラに被害がでますので、農薬を散布しました。
3月の農薬散布は初めてです。
バラは置かれた場所で咲いてくれますが、
綺麗な花を咲かせるにはフォローも必要です。

スポンサー広告