遊び心で丸太の槽(ふね)づくり!

ブログランキング&インスタグラム♪

薔薇好きのすべての方へ

2021年5月21日から6月4日の15日間里山ローズを一般公開します。なお、コロナウイルスが終息していませんので、マスクの着用等の対応をお願いします。また道路が大変狭いので譲り合いの運転、安全運転でお越しください。トイレはありませんのでよろしくお願いします。

12月中旬になりました。まだバラはちらほら咲いています。花は小ぶりですが綺麗です。寒くなったので、焚き火をしながら「里山ローズ」周辺の森林を整理しています。数年前に間伐したスギ丸太を利用し、バラ庭の花壇など丸太工作物のメンテナンスに取組んでいます。古くなった丸太の槽を改築しました。

丸太の槽のつくり方

5年前に伐採したスギ65年生の大丸太を使い、中をくり抜いて槽にしました。
①チェーンソーで丸太の直径1/4程度の位置を縦挽きします。
②縦挽きした面を上にし、水をためる部分を突っ込み切りで縦横に切り刻みます(キックバックに注意)。
③切り刻んだ部分をハンマーで取除き、ノミで槽の内部を丁寧に整形します。
チェーンソーの突っ込み切りは、水漏れしないよう、くり抜く深さに十分注意が必要です。

丸太の槽をバラ庭に設置

バラ庭にスギ丸太と自然石で基礎をつくり、その上に槽をのせ、竹で水を引き、周囲にセキショウを植えて完成。遊び心です。妻がバラを飾ってくれ、見事な作品になり、ほれぼれ。自画自賛。

スポンサー広告